意外と知られていない西洋手相術

手相占いといえば馴染みがある占いですが、西洋手相術と聞かれても多くの方はよくわからないのではないでしょうか。私達が普段接している手相占いは東洋の手相術であり、西洋手相術は違った理論を持つ手相占いです。とはいえ同じ手相占いなので占う方法などは大きく変わりません。神秘的な要素を持つ西洋手相術はまた違った魅力があります。また、これらはお互いに影響を与えています。

<西洋手相術の仕組み>
西洋手相術の最大の特徴は、ヨーロッパの星占いの影響を強く受けていることです。指ごとに惑星が割り振られており、線の形などでどの惑星があたるのかを判断します。星の影響を人が受けているというのは星占いと似ていますが、西洋手相術では親指には惑星が割り振られておらず、親指に特定の線を持っている人は惑星の影響を受けない意志を持った人とされています。当たる占いというよりも、その人の運命を知るという意味あいが強い占いでもあります。

<線についての考え方>
より当たる占いを目指すとき、線の解釈が重要になります。西洋手相術が当たる占いかそうでないかを大きく変えてしまうポイントとなっています。例えばその線から予測される出来事がいつ起こるのかといった考え方や、解釈の幅の中でどの意味をとるのかといった部分は占い師の腕の見せどころで、当たる占いかそうでないかを分ける要素にもなります。

<線以外の着眼点>
線以外には指先の形や手のひらの形といった形状にも注目します。それぞれ形状により意味があり、生まれついて持った手の形がその人の運命を表しているというのがこの占いの考え方です。手のひらの起伏にも意味が定められています。それらの膨らみ具合や形状といったことが占いの結果に影響します。単純に当たる占いであったり何か特定のことを占いというよりは、幅広くその人の運命を調べることができるのが西洋手相術なのです。

手相占いで、未来をみてもらおう

自分の性格や生まれ持った性質を見たい時などは、手相占いが良いでしょう。

本屋さんの占い当たるなどのコーナーでは手相に関連する書籍がたくさん発売されています。

有名な人が出している本であればとても売れている上に分かり易く絵付きで説明されている為、手相に詳しい知識がない場合でも、見て理解する事が出来ます。

自分をより深く知る為に手相占いの本でチェックする事が出来るので、当たる占いの本であるかどうかは少し読んだだけでも分かる事が出来るのです。

自分についての事が正しく書かれていたり、納得出来るようでしたらそれは当たる占いとして信じる事が出来るので、そこから人を見てあげたりする事も出来ます。

手相にはたくさんの種類があるので、なかなか覚える事は出来ません。
しかしもっと詳しく、そしてアドバイスやどうしたらよいのか?などの質問がある場合は、手相占いが出来る鑑定士を訪ねてみる事にしましょう。

鑑定士を訪ねれば本以上の情報を得る事が出来ます。
そして、今の仕事を成功する為の秘訣であったり、運命の人と出会う事が出来る秘訣、結婚を考えている人にはその為の秘訣などを盛りだくさん教えてもらう事が出来るのです。

当たる占いだったのかどうかは、その時が来ないと分からないのが占いですが、だからこそ楽しいとも言えます。

そして、今言われた事が多少マイナスな事だったとしても、言われてからの生活や、性格、態度、考え方などを改善していく事で、プラスへと変えていく事が出来ます。

また後日に手相占いを見てもらった時には、手相も変わっている事も多いので、そこまでマイナス面については心配する必要はないと言われています。

当たる占いが出来る鑑定士はとても人気があったり、テレビでも拝見する事が出来るのですが、何年と予約が埋まっている場合もあるようです。

手相と偉人

偉人の手相が似通っているということはよく言われているので、耳にしたことがある人も多いでしょう。
特にマスカケ線が有名で、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康はこのマスカケ線を持っていたと伝えられています。
織田信長が当時よく当たる占い師とされていた人に手相を見せ、「天下を取れるか」を問いたそうです。

その時に「天下をとる線が足りない。このままでは無理だ」と言われ、刀でその線を入れて出陣したという逸話もあります。
その真偽の程はわかりませんし、太陽線といった間違えた場所に入れたため、天下は取れなかったが後世まで名を残したという説もあります。
それだけ手相はその人の運命を表し、手相によって運命が変わることも表しています。
利き手の手相はその時の生活の仕方によって変化します。
そのため利き手は後天的な運勢を、その反対は先天的な運勢を占うことができるとされています。

よく当たる占い師は、手相からのメッセージを伝えてくれます。
前出のマスカケ線は類まれなる才能を持った人に現れる線であり、大胆な行動を起こす人でもあることから、生き沈みの激しい人生をたどるとも解釈されています。
織田信長もモチロンのこと、天下人となった豊臣秀吉も、決して安定した人生ではありませんでした。
しかし家康は、徳川家300年の安泰をもたらした人です。
織田信長や豊臣秀吉のように意志の強い人ではありましたが、狡猾な慎重さと臆病さを持ち合わせ、人の助言に耳を傾ける謙虚さもありました。
それが他者との大きな違いであり、その助言者の中にはよく当たる占い師の存在もあったとされています。

現代でも、偉業を成し得る人や会社経営者は、助言者の中に著名なよく当たる占い師を並べていることもあり、運命を受け止める謙虚さを身につけている人も多く見られます。
「現在の努力がどのようにのちに結びつくのか」「現在に足りないものはなんなのか」などを知る為に、手相占い当たるとされる占い師の元を訪れると、新しい発見があるかもしれません。